SD:阪井 和男(さかい かずお)

【プロフィール】

明治大学法学部教授・理学博士。1952年和歌山生まれ。77年東京理科大学理学部物理学科を卒業、同修士課程の後85年博士課程を退学。ソフトハウス勤務後87年理学博士を取得。サイエンスライターを経て90年明治大学法学部専任講師。93年同・助教授、98年から教授。この間、情報科学センター専任教員、副所長、所長を歴任し、同センターを改組したのち初代の情報基盤本部本部長に就任。この間、大学教育におけるICT活用のための情報教育改革、全学的なネットワーク運用組織の構築、教育棟リバティタワーの情報インフラの企画・構築組織、eラーニング運営構築組織の創設と運営等に関わる。現在は、人・組織・社会の健全なあり方を究明する情報学・経営学・死生学を研究している。

明治大学サービス創新研究所所長、明治大学社会イノベーション・デザイン研究所副所長、一般社団法人 日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)理事、ドラッカー学会理事、情報コミュニケーション学会顧問、学習分析学会理事、アカデミック・コーチング学会副会長、私立大学キャンパスシステム研究会会長、NPO実務能力認定機構理事等。
共著に『知の技法のための人間・社会・コンピュータ』(弘学出版社)、『インターネット、マルチメディアをよむ』(日本出版サービス)、『ドラッカー 教養としてのマネジメント』(日本経済新聞出版社)、『AFPWAA Japan one year after 3.11 AFP通信が世界に配信した東日本大震災』(AFPWAA)等がある。

【講演のご依頼】

上記の内容で送信します。よろしければチェックを入れて送信してください。